加工から流通まで万全のコイルセンター!

原田鋼業は、薄中鋼板(うすちゅうこうはん)、特殊鋼板を中心に加工・販売を行っているコイルセンターです。取り扱い品種、数量は西日本有数の規模となっています。

母材コイルはレベラーで平坦な定尺シートに切り出したり、シャーリングでさらに小さな鋼板に精密加工します。スリッターで幅の狭いコイル(フープ)にも加工します。

これらの鋼板加工に加えて、倉庫・運輸機能、スチールラックをはじめとする物流機器の企画施工まで、トータルサービスをご提供できるのが強みです。

お客様の様々なご希望にきめ細かくお応えいたします。 多品種、小ロット、短納期の鋼板加工・販売もお任せ下さい!

薄鋼板加工・流通のプロとして

原田鋼業では酸洗、冷延、各種メッキ、ステンレス等、薄中鋼板のレベラーシャー、スリット、シャーリングの加工と鋼材の流通を手掛けています。必要な時、必要な所に、必要なだけ納めるジャストインタイムの発想で、鋼板加工・流通をトータルサービスで支援いたします。

定尺シート、切板、フープ


鋼種 代表規格 用途
普通鋼 SPHC-P、SPCC-SD、SECC、SEHC、SGHC、SGACC、SGAHC、SGCC 産業機械、建設機械、自動車用部品、建材、鋼製家具、農業用機械 ...etc
特殊鋼 SK2~SK7、S35C~S55C
S30CM~S75CM、SCM415~SCM445
自動車部品、機械部品、各種工具
その他
取扱品目
各種クロムフリー鋼板、ステンレス、角パイプ、アングル、FB、パンチングメタル ...etc

重さ10トン級のコイルもスピード加工! ”鉄腕”の設備をご紹介します。

お問い合わせはこちら

ISO9001:2015
本社、札幌支店、東京支店、東海支店
大阪支店、福山支店、福岡支店

コイルセンターって何!?

自動車、冷蔵庫、システムキッチン、等など。
私たちの身のまわりには薄くて丈夫な鋼(はがね)の板でできた製品がたくさんあります。この鋼板の元は鉄鋼メーカーで作られているのですが、そこでは巨大なトイレットペーパーのような状態で出荷されます。これをコイルと呼び、重さは10t~25t程度あります。
コイルのままでは大きすぎるので、適切なサイズの板に切り出したり、色々な加工を行ってから自動車や電機等のメーカーに渡るようにすると効率よく製品を作ることができます。この役割を担うのがコイルセンターです。

鉄鋼メーカー(コイルを製造)→コイルセンター(必要な寸法に切断・加工)→自動車、電機等メーカー(鋼板を使って製品に)

私たちの役割!

鋼と鉄の違いとは?

(はがね、こう、Steel)とは鉄を主成分とした合金のことで、鉄の持つ性能(強度、靭性、磁性、耐熱性など)を人工的に高めたものです。高炉から生まれる銑鉄には炭素分が多く含まれており、粘りがなく、もろいため工業製品には適しません。このもろさの原因となる炭素、リン、硫黄などの不純物を取り除くことで、粘りのある強靭な(はがね)となるのです。鋼でできた材料を鋼材(こうざい)、板状の鋼材を鋼板(こうはん)と呼びます。 日常生活の中で私たちが、利用している鉄鋼製品のほとんどは、(はがね)から作られています。

PAGETOP